清々しい富士山

投稿者: aikawamariko

富士山相変わらず毎日追われる生活です。追われながら静岡にリハーサルに行って来ました。14日に静岡AOIにてフランクのソナタなどを演奏、そのリハーサルです。フランクのソナタは久々に楽譜を出して来ました。実は本番で弾いたのはすごい昔の1回のみ。フランス行ってたのに〜、とはよく言われます。でも昔はこの曲にあまり魅力を感じてなかったんですよね。ところが久々に弾くと、「やっぱ良い曲だわ〜」なんて思えています。多少の人生経験を経たからでしょうか??良い曲だなと思うのと同時に、以前は感じなかった難しさをひしひしと感じています。来年もフランクを弾く機会がありそうなので、もっともっと研究、練習ができそうで嬉しいです。

その前日、13日の日ロ音楽協会のコンサートで弾く”ニコライ・ロスラヴェッツ”のヴァイオリンソナタもかなり難しく、なかなか厳しいです。共演のピアニスト、武内俊之くんは高校からの同級生。信じられないようなテクニック、音色の変化、曲に対する確固たる理解、本当に素晴らしいピアニストです。リハーサルをしていても武内くんのピアノから学ぶことが多く、勉強になります。ロスラヴェッツはチャイコフスキーとショスタコーヴィッチの間くらいの時代の人ですが、ロマンティックで色彩豊かな曲です。表現したいことは頭の中にあるのですが、技術的に演奏自体が難しく、なかなか自由に表現ができなくて苦しんでいます。本番まであと少し、諦めずに頑張ろう!13日は表参道のKAWAIのサロンで、19時開演。ぜひ!

広告